So-net無料ブログ作成
ダイエット ブログトップ

みんなの家庭の医学 やせるホルモン [ダイエット]

たけしの健康エンターテインメント
「みんなの家庭の医学」2013/7/30放送分で
やせるホルモンについての特集がありました。

やせる努力をしなくても、やせられる物質が存在する、という事。
語ってくださったのは、
肥満治療のスペシャリストである小田原 雅人先生(東京医科大学 糖尿病・代謝・内分泌内科 主任教授)。

人間は20歳を境に基礎代謝量が段々減ってしまい、
太りやすい・やせにくい体質になっていきます。
やせるには、
「厳しい食事制限」
「激しい運動」
が必要だと思われがちですが、最近の研究によると

やせる努力をしなくても
やせられる物質が存在している

やせる物質「GLP-1」を摂取することで
食事制限も運動療法もせず、体重を落とすことに成功しています。

現在、薬として利用するGLP-1は、糖尿病患者にしか投与できないそうです。

肥満大国アメリカでは
148kgの糖尿病患者にGLP-1を投与し、76kgに体重を減少した方もいました。


しかしGLP-1は誰にでも体内にあるホルモンの一種なので
食後のGLP-1分泌量によって、食べても太らないメカニズムになる、というのです。

やせるホルモンGLP-1の働き
GLP-1の効果効能として
①脳への作用
満腹中枢を刺激して、必要以上の食べ過ぎを抑える
②胃への作用
GLP-1が分泌されると胃に入ってきた食べ物の糖分が腸で緩やかに吸収され、血糖値が急激に上がらない
③すい臓への作用
すい臓をパワーアップさせ、血糖を下げるインスリンが出やすくなる

そこで、
人によって食後GLP-1ホルモンの増加量に差がある
のではないかと調査。


番組内で、太っている人とやせている人
同じ食事をして、食後のGLP-1の分泌量にどれくらい違いがあるかを
調べたところ
太っている人は、分泌量が少なく
痩せている人は、分泌量が多い、ということがわかりました。

やせるホルモン=GLP-1を自分の体内でたくさん分泌させれば
楽にやせられるってことになりますね。

これは朗報じゃないですか。

では、どうすれば良いのか?
ここが重要ですね。

生活習慣によってGLP-1の分泌量に変化がある、という事。
食べ物で「小腸」を刺激する
    ↓
痩せるホルモンが多く分泌される
小腸は、長さ6mで栄養素やアミノ酸などを吸収する。
(大腸は主に水分を吸収する。)

やせるホルモンを刺激しやすい(出しやすい)栄養素とは
①食物繊維(目標摂取量:1日18g→実際は13g程度しかとれてない)
②EPA(青身魚に多く含まれる栄養素)
魚に含まれているEPAが、GLP-1を出す細胞に働きかけ
GLP-1をより分泌しやすくなっている可能性がある

②の栄養素を含んだ食材とは、一体何か??
サバの水煮缶が効率よくEPAを摂取できる。

サバの水煮缶消費量の多い町、山形県村山市。
サバの水煮缶を好んで食べる人たちは
食後のGLP-1分泌量が大量でした。

という事で、
やせられる健康ホルモンGLP-1を活性化する
食品は、「サバの水煮缶詰」でした。

正月太り 戻すコツは? 効果的な対策について [ダイエット]

お正月も終わり、久々の連休になりましたが
この時期に気になるのは『正月太り』。

ドクターシラボの調査によると、2人に1人の女性が正月太りで
1.47kg(平均値)太ってしまったことを発表してました。

「正月休み1週間で太ったかどうか?」の質問に
2人に1人が太ったとの回答。

更に「太ったと回答した人にどれくらい体重が増えたか?」を調べ
9割以上の女性が「約2kg以下」との回答だったとの回答でした。

この調査を見て「正月太りを戻すコツはあるのか?」
効果的な対策を調べてみようと思いました。


お正月休みといえば
お休みの人は通勤もなく、仕事もないということは
体を動かす量も減りますよね。
お仕事の人でも
お正月料理も沢山目の前にあるし
「みんながお休みなのに自分は働いているから自分にご褒美♡」的なご馳走もあったりするのではないでしょうか??

不思議なことに人間の体って
『短期間に増えた体重は、短期間に落ちるようになっている』そうです。

だから正月太りのように、短期間についた脂肪は早いうちに燃焼させればOKということですね。

体重が増えたからと極端な食事制限をするのはNG。
食物繊維や水分もたっぷりとり、空腹の時間を減らす。
空腹の時間があると、反動でその後たくさん食べるリスクが・・・

摂取カロリーを抑えるだけで体重を戻そうというのは
体にも良くないそうです。
なぜなら筋肉が衰えてしまうから。
筋肉が増えると基礎代謝量が上がるので痩せやすい体質になることは
有名な話です。


まとめると
・短期間で戻そう、と決意する。
・食事は3食にして腹八分目を心がける。
・筋肉を使うような運動をする。

早めに行動して、早めに体重を戻したいですね!!

ダイエット ブログトップ
ガソリン代割引特典

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。